GitHub

【Nuxt.js】GitHub:Dependabotでパッケージ更新

前置き

パッケージの更新って面倒ですよね…🙄
いちいちバージョンの確認から
しないといけません。

面倒なアレコレを解決するのがこちら💫
Dependabot

ということで、
こちらを使ってみましょう💖

参考:
Dependabotを導入してみた
Dependabotで依存パッケージ更新のプルリクを作成してもらう


Dependabotとは

GitHubにあるファイルに
Pull Requestを
自動で作成してくれて
パッケージの更新をする
便利な物です💕

Pull Requestを
Mergeするだけで良いんです!

最近のNuxtには
最初からついているので
以前のNuxtのリポジトリで
使ってみましょう✨

特にオリジナルの
テンプレートリポジトリに使うと便利です!
毎回Nuxtプロジェクトを新しく作らなくても、
GitHubでリポジトリを作るときに
指定をするだけでOKです❤️

設定をすればMergeも
自動で行ってくれますが
するしないの単純な設定ではないため
今回は省きます。

適応リポジトリは
全選択、手動選択が選べます。

package.jsonなどのファイルで
バージョンの
チェックをするようです🌱👀
それに応じてPull Requestを
作成してくれます💫☝️

⬇️2021/02/23現在の
 対応言語はこちら


導入方法

GIFにしたので
こちらを参考にどうぞ✨👀

GitHubのMarketplaceでインストール

あとはGIFの通りです。

適応リポジトリを全てにした場合、
パッケージのない
htmlだけなどのリポジトリは
当然エラーになるので
チェックを外しましょう🧹


ダッシュボードから設定

それぞれの歯車マークから
細かい設定が可能です。

Bump nowで
すぐにパッケージのチェックができます。

あとはGitHubのリポジトリで
プルリクを確認し、
Mergeしましょう♪

リリース内容の確認も
その場でできます✨👀


まとめ

Mergeするだけで良いのは便利ですね〜💕
ただリリース頻度の高いものは
すぐにプルリクがいっぱいになるので
Mergeの自動化を
検討しても良さそうです!
Dependabot の config.yml に「Automatic PR merging」を設定する

-GitHub
-,

© 2021 aLiz Nuxt